全国大会 広島大会 ②

全国大会2日目は、広島国際会議場での会議が中心となります。

 

午前中は日本青年会議所の理事会・ブロック会長会議が開催されました。

理事会・ブロック会長会議の様子

dsc_0659 

 

この理事会で、2019年度の全国大会開催地が決定します。

富山青年会議所と札幌青年会議所が立候補。

それぞれの理事長が、最後の招致PR。

北陸信越地区、北海道地区の理事長に多数オブザーブ参加している中で、熱い思いを込めて開催意義を主張されました。

その後の投開票の結果、2019年度の全国大会は富山に決定いたしました。

しかし、本当に甲乙つけがたく、どちらの全国大会にも参加して交流を深めたいと心から思いました。

 

また、審議案件としては、徳島ブロック協議会の鳴門青年会議所が名称変更。

これからは、鳴門・板野青年会議所として活動をスタートさせます。

江戸理事長の挨拶で、「鳴門青年会議所の名前で、昨日、全国大会野球大会で優勝できて本当によかったです!」という笑顔の報告が印象的でした。

 

 

午後からは、日本JCの総会。

1月の京都会議、3月の東京に続いての総会出席。

西条青年会議所の理事長として、総会議案の採決に加わりました。

 

総会会場前では、全国大会運営会議に当LOMから出向されている、伊藤監事と遭遇し記念撮影。

本日まで何度も全国での会議に足を運び、今回も3日間担いを全うされていることに敬意を表します。

 

dsc_0663 dsc_0658

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です